12月4日(日)ラビングプレゼンス体験ワークショップ(ベーシック)

Posted on 10月 8, 2016 in セミナー開催予定

ハコミセラピーから生まれた新しく画期的なコミュニケーション術として、注目を集めている「ラビングプレゼンス」について一緒に勉強していきます。

「ハコミセラピー」は、アメリカ人のセラピスト、ロン・クルツ博士によって1980年前後に確立された、繊細かつ深い心理療法です。 当会でも取り上げた「マインドフルネス」を応用した心理療法のひとつで、仏教の瞑想的な要素と西洋の各種カウンセリング理論や様々な人間探求の試みなどを包括したようなものです。

「ラビング・プレゼンス」とは、セラピストがまず自らを満たし、それによって生まれる意識状態や「あり方」を通じてクライアントとの信頼関係が作られていくという、ユニークかつ実践的な考え方とスキルです。なかなか言葉だけで説明するのは難しいのですが、まず自分自身が、目の前にいる相手の存在を感じ、その時の自分にとっての目には見えない「糧」を積極的に感じ取ろうとし、その糧を取り入れることで自分の中で起きてくる「心地よさ」(喜び、暖かさ、躍動感、リラックスなど)をじっくり味わい、自らを深く満たしていきます。すると、自らの心地よさのきっかけを与えてもらった相手への自発的な感謝の感覚とともに、その存在を尊重し、受け入れようとする気持ちや姿勢が自然に生まれてきます。そして、それが相手に伝わっていくことによって、深い安心感に裏打ちされた関係性の場が無理なく創られていくのです。
(参考:日本トランスパーソナル学会のHP)

 

場所 会員制パップアップスペース 8ステージ

時間 13:00 ~ 16:00 受付12:30より

費用 お一人様 3,000円(募集人員10名)